ショップできすぎくんの弱点

初心者でも簡単にショップを作成する事ができるショップできすぎくん。

気軽に作ることが出来る反面、実は弱点もあるんです。

2017年4月23日追記・修正しました

簡単・・・だけど全くインデックスされない

私も経験がありますが、ショップできすぎくんにテキストや画像を追加して、「それなりに仕上がったな♪」と思っても、1ヶ月、2ヶ月経っても一向にインデックスされない・・・「どうして?」と思ったことありませんか?

トップページ、カテゴリーページ、商品ページ全て手を加えたのに・・・やっぱり駄目か・・。こうして諦めてしまった方も多いと思います。

インデックスされない理由として、既に他人の「できすぎくんショップ」がインデックスされているので、少しでも似ていれば検索エンジンが却下しているのでしょう。

(http://shop.moshimo.com/はネット上に溢れすぎていると思う。ある意味スパム行為ギリギリだと感じています)

見た目の問題だけでなく、HTMLを変えるなど、CSSもオリジナルにすることで多少は差別化を図ることは出来ると思いますが、そこまでして、ショップを上位に表示させる必要があるのかな?と思います。

もちろん、ショップを上位に表示させることが出来れば、そんな嬉しいことはありませんが、膨大な作業時間を費やすリスクを考えると、別の作業に時間を使ったほうが懸命です。

 

独自ドメインを使ってショップできすぎくんを運営するのもあり!

「http://shop.moshimo.com/」というアドレスが重複ページとみなされて、検索エンジンに却下されるのであれば、独自ドメインで運営すれのも一つの方法です。

あれだけインデックスされなかったできすぎくんが、意外とインデックスされて驚かれる方も多いはず「http://shop.moshimo.com/」はグーグルに評価されている一方、少しでもコンテンツが似ていれば却下されてしまうのが現状です。

しかし、ドメインを変えることで、この問題は解消されます・・・・が、もちろんある程度テキストを入れてオリジナルショップに仕上げることが大切です。

 

ショップを上位に表示させる必要はあるのか?

ドロップシッピングの参入者が年々増加する中、ライバル店も増えてきますので、SEO対策に苦労されている方も多いはず。

しかし、ショップを上位に表示させるのは非常に時間と手間がかかるので、あまりオススメはしません。どうしてもと言うなら、ライバルが居ないニッチなキーワードでショップタイトルを決めて、上位を狙うのも良いかもしれません。

ですが、やはりショップを上位に表示させるのではなく、ブログを立ち上げてコンテンツ記事からお客を呼び込む方法を強くおすすめしています。

もしもで一番稼がれている例のあの人もこの方法ですし、現在私のもしもの売上もこの方法です。

ショップはデザインと利便性を追求して無駄なことはしないのが鉄則。WPでショップを作るなら、ショップ内にコンテンツも作れますからオススメです。