ppc広告初心者講座

前回はキャンペーンの上手な使い方
の途中で一旦区切りを付けたので
おさらいと、今回は予算設定について
お話したいと思います。

キャンペーンのグループ分け

前回、キャンペーンは収益の有無で
グループ分けすると分かりやすいという
事をお話しましたが、

広告を発出稿したキーワードは
新規出稿グループに振り分けて
様子を見ましょう。

また新規の場合は売れるか売れないか
わからないので予算はしっかりと確保
しておくことが大切です。

全く売れない、利益が出ない場合は
出稿を一時停止してキーワード、
広告グループ、商品ページに
改善できる所があるか調べましょう。

売れるキーワード、売れないキーワードなど
適切に振り分けることで、予算の振り分けが
行えますし、管理しやすい事が伺えます。

この方法はあくまでも一つの方法で
専門店で広告を出稿しているなど
キャンペーンの活用方法は状況に応じて
使い分けると良いと思います。

予算をアカウント全体しか設定していないのは危険?

ヤフーリスティング広告は細かく予算設定
することが出来ますが、それを怠ってしまい
アカウント全体しか設定していない場合は
利益が出ないキーワードに食われてしまい
本来予算を投じるべき利益を生むキーワード
が広告を出せずに1日の予算上限に到達
してしまう危険があります。

そういったことを防ぐために広告グループを
活用するのがベストでしょう。

出来れば1商品に1広告グループと
言いたい所ですが、そうなると広告文の
最適化を行うことが出来ません。

グループを細分化

キーワードと広告文をマッチさせる事で
品質が向上。

例えば「サイクルツイスタースリム」の
商品を出稿する場合、

  • 商品名
  • エクササイズマシーン
  • エアロバイク

など出稿するキーワードによって
広告分をかえれば品質の向上に
つながるわけです。

もちろん、1商品1グループの
運用は基本的なやり方ですが
必要に応じて細分化を図ることは
無駄なコストを抑える意味で
重要な事だと考えています。

まとめ

キャンペーンは
利益の状況に応じて予算配分を最適化

広告グループ
細分化を図れば広告品質を高めることができる