安売りはしないこと

もしもドロップシッピングは
個々に価格設定が出来ますが今回はその”価格”についてのお話です。

安易な価格設定は命取り

初心者さんがついやってしまい
がちな、行動の一つに間違った
価格設定があげられます。

もちろん私も経験した事ですが、
ライバルサイトに勝つためには
あの店よりも安くすればいいんだ!

ということで価格を少しだけ安く
設定し、ライバル店と差別化を
図ろうとするも、あまり売上に
結びつかなかった経験があります。

価格を下げるという事は、

  • 利益率が下がる
  • 商品価値を下げる

という結果をもたらします。簡単に言えば自分の首を
絞めるということですね。

とくにPPC広告をだしている方は
注意が必要で絶対に価格で
勝負をしないことが必須となっています。

安くなくても売れる商品

もしもが取り扱う商品の中に
少々高くても売れる商品があります。

もうお気づきの方もいらっしゃると
思いますが、お悩み系の商品が
それに当たります。

体のニオイ対策、乳首吸引器、
団子鼻整形などなど、お店で
買うのは恥ずかしい商品は
ネットで売れますね。
こういった商品は少々高く設定
しても購入してくれるアイテム
でもあるんです。

そしてもうひとつは新商品。
小型カメラは続々と新商品が
登場しますが、わざわざ価格を
下げなくても興味をもった
ユーザーは買ってくれます。

安さをアピールするよりも
商品の魅力を伝えたほうが
お客の購買意欲を掻き立てる
ということです。

ユーザーが安さを求める商品

商品自体に魅力があるなら
安くする必要はありませんが
特にアピールするものがなければ
”安さ”で勝負するしかありません。

例えば”使い捨てのマスク”などは
まとめ買いをされる方が多いですが
こういった商品は、
「もう少し安いお店はないかな?」
と、ネットサーフィンする可能性は
大いに有ります。

どれだけ安さをアピールすることが
出来るか?そして自分のお店で
買ってもらうメリットはなにか?

というもの明確にしなければ
購入へと結びつかないでしょう。

先ずはユーザーの視点で考えてみる、
お店づくりはそこから始まっています。