夢の子ネルルの専門店を管理していますが、関連商品で「おしゃべりまーくん」が発売されたので、早速お店に並べてみました。

夢の子よりも高いまーくんは売れるのか?

夢の子ネルルよりも倍の価格設定で強気の株式会社パートナーズ。

こんな値段で果たして売れるのかと思いきや、メディア効果もあり、ショップに並べたその日に売れちゃいました。

個人的には、比較対象が出来て、夢の子の売上アップにつながるのかなと思い並べてみましたが、意外でしたね。

ネルルと比較してみて

既にタカラトミーから夢の子シリーズが発売されて結構な年数が経っていますので、まーくんを発売した会社はネルルの存在を知っているはず。

しゃべって、歌って、反応して、目を閉じて・・・、目を・・、まーくんは目を閉じないのか・・。ということで2万円の割には安っぽさが否めなく、どうしても半額のネルルのコスパに惹かれてしまう私。

ネルルたちよりも、5歳の男の子設定で声もリアルですが、もう少し高級感?があっても良いのかなと感じています。この値段なら目を閉じる動作はあってもいいかも・・。

どちらにしても比較できる商品があるのは良いことです。改めてネルルのコスパに惹かれて購入を決断するお客さんもいるかもしれませんからね。

でも、ネルルが売れても薄利多売・・笑。
さすがにPPC広告は出せません・・・、あっ、出している人いるわ・・凄い。