売れる商品ページとは

売れる商品ページとはどんなもの
なのか?

コンバージョン率を高めるうえで
切り離せないページのあり方に
ついて解説していきたいと思います。

ファーストビュー

お客さんがショップへ訪れた時に
最初に目にする部分を
ファーストビューと言います。

この部分にキャッチコピーを
いれて興味を引かせるわけですが
ポイントは以下になります。

1、商品のセールスポイントを強調
亀山社中の焼肉なら何万食突破!

2、広告出稿と同じキーワードを
含める。広告品質の向上を図ります。

また、キャッチコピーは単体で考える
ものではなく、広告を出している方は
広告、そしてSEOとの関連付けして
あげなければいけません。

キャッチコピーを決める

SEO・PPCで集客

売れるキーワードを抽出
コレを繰り返す

この流れでショップの顔を
作りこんでいくのが理想形と言えます。

共感する、ターゲットを絞る

販売する商品にもよりますが
特に悩みを解決する商品は
”1to1マーケティング”が基本となります。

ターゲットを絞り、悩みに答えて、
共感するメッセージをアピール。
商品はまさにあなたのために
あるのですよ、ということを伝える
ことが大切です。

例えば、

「女性の方必見!」

よりも

「30代の女性の方必見!」

のほうが、お客様像が明確化され
、より一層ターゲットに近いセールス
を展開することが出来るのです。

 

ユニークセリングプロポジション

ユニークセリングプロポジションとは
マーケティング用語の一つで、
独自の強みをアピールすることです

1、商品として
サイクルツイスタースリムなら
他のエアロバイクよりも魅力はなにか?

2、ショップとして
商品説明がより具体的で詳しい、
即日発送してくれる、送料無料。

上記のことがしっかりと商品ページ
に明記されていれば、間違いなく
コンバージョン率は上がります。

権威、第3者が推薦

私達は専門家が推奨していたり、
芸能人愛用という言葉に弱く、
それがしっかりと明示されていれば
「おっ買ってみようかな」と
心動かされる事が多々あります。

大学の教授が推薦
グランプリ受賞
芸能人愛用

販売商品がそういったもので
あれば積極的にアピールしましょう。

具体的な数字で説得する!

商品の魅力を伝える上で、
最も重要なのは、具体的な数字です。

売上販売数1万個突破!
ギュギュっと濃縮50倍!
モニターの満足度95%!

上記のように具体的な数字は
購入を迷われているお客さんの
背中を後押しするものとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
すべてを盛り込む事は難しいですが
コンバージョン率を上げる大切な
要素となります。
商品ページを作る時に是非参考に
していただければと思います。