アンカーテキスト

自身が運営するショップへリンクを
送る際に気をつけていることはありますか?

アンカーテキストに関しては、
昔から様々なことが議論されて
いますが、最適且つ自然な方法を
今回は考えてみたいと思います。

以前は上位表示させたい
キーワードでアンカーテキストを
コンテンツに入れるのが当たり前
でしたが、その有効性がいま
問われています。

サイクルツイスタースリムで
上位表示させたい場合、
アンカーテキスト全てサイクル
ツイスタースリムでは、やっぱり
不自然ですよね。

時には”エアロバイク”であったり
”詳細はコチラ”というリンクも
あって初めてナチュラルなリンク
といえます。

グーグルが重視している箇所

関連するキーワードでアンカー
テキストをするよりも、そのサイトの
タイトルやH1などの見出し、
コンテンツの内容がリンク先と
合致している方が有効性があると
言われています。

今現在、同一のキーワードで
リンクを貼っている方はいないと
思いますが、自作自演の不自然な
リンクは見破られやすいと思った
ほうがよいでしょう。

最適なリンクとは何か?

小型カメラのショップに外部対策
として小型カメラを実際に購入し
詳細なレビューサイトを作成したとします。

ショップで販売されている商品の
レビューになりますので、購入を
検討しているユーザーにとって
価値のあるサイトであり、
またショップへのリンクはユーザー
を誘導する、有意義なリンクと
言えます。

リンクというのは、そもそも
ユーザーの動線であり、上位表示
させるものではありません。

そういった事を考えると、
ユーザーが利用するリンクは自然と上位表示される非常に
質の高いリンクとなるわけです。

リンク価値というのは様々な方法で
算出されていると思いますが、
ユーザーが一切踏まないリンクは
価値がないリンク、質の悪いリンクと
考えるべきでしょう。